小田原鋳物と藍染短冊の風鈴

神奈川県小田原市で鋳物を生産している唯一の工房、柏木美術鋳物研究所による真鍮の風鈴。

____________________

「小田原工芸鋳物」は城下町小田原で、北条時代よりはじまった伝統美術工芸のひとつです。

国会議事堂にて議長が使用する振鈴や、黒澤明監督の映画「赤ひげ」に登場する風鈴にも使用されています。

現在では小田原に残された鋳物の生産工房は柏木美術鋳物研究所のみ。

金属ならではの余韻ある凛とした音色が魅力のひと品です。

また、短冊部分は湘南・鵠沼在住の藍染工房「Litmus(リトマス)」によるもの。

日本の伝統的な灰汁発酵建ての技法で染め上げました。

高く澄んだ音色と、自然から生み出された藍色、目にも耳にも涼やかで気持ちを穏やかにしてくれます。

生活の中に癒しを感じていただければと願いを込めて制作しています。



【数量限定販売】

____________________

<素材>

本体:小田原鋳物
短冊:麻生地に本藍染め

<サイズ>

本体:φ3.5cm×高さ4.5cm
短冊:約 横4.5cm×縦18cm

梱包サイズ:幅5.5cm×高さ6cm×奥行き5.5cm

<仕様>

吊るしてお楽しみください。

<お取り扱い上のご注意>

※本品は箱に入っている状態から取り出すと、短冊部分が丸まって癖がついていますが、手で優しく平らにしていただくか、霧吹きなどで軽く水をかけると癖が直ります。お試しください。
※短冊部分は、本藍染めのため色味が一点一点異なります。ご了承ください。
※短冊部分の麻生地は、切りっぱなしの為、糸がほつれる場合がございます。ご了承ください。気になる場合は、ほつれた糸はカットしてください。
販売価格 4,400円(税込)

濃グラデーション
淡グラデーション

濃グラデーション
淡グラデーション

---本日のイチオシ商品---

---カテゴリーから探す---

▶すべての商品から探す

>