清水屋ケチャップ セミハードボトル

明治29年に横浜で誕生した日本初といわれる幻のケチャップ「清水屋ケチャップ」。

清水屋ブランドの復刻パッケージの「セミハードボトル 300g」です。

____________________

<明治29年横浜で誕生した幻のケチャップ「清水屋ケチャップ」>

幻の味を当時の資料や証言から有機トマトを使用し再現。安全・安心の極上ケチャップです 。
昔の日本に確かにあった正統派のケチャップ。

____________________

<国産トマトケチャップは、横浜が発祥の地>

「横浜市史稿」によると、慶応2年(1866)頃、横浜・子安村の堤春吉が西洋野菜の栽培を始めたと言われています。
やがて子安村の西洋野菜畑は鶴見方面に伝わり栽培農家の一人、清水與助は西洋野菜の栽培だけではなくトマトの加工事業を始めました。
明治期の資料に残る加工作業の様子を丹念に調べ、度重なる施策を重ね出来上がったのが、宮内省御用達にもなったと言われる極上のケチャップ『清水屋ケチャップ』なのです。

作り方は横浜の外国人スポーツクラブの料理人、細貝音八から手ほどきをうけたとのことです。
(横浜社会辞彙・大正6年刊より)

これが国産初のトマトケチャップと言われています。

____________________

<ラベルデザインについて>

また、與助はケチャップの味や作り方の研究に労を尽くしたばかりでなく、当時アメリカからわたってきたケチャップのハイカラなラベルにも興味を持ち、自ら様々なデザインを作り上げてきました。

『清水屋ケチャップ』は、ラベルも與助がデザインした明治時代のラベルをそのまま使用し再現しています。
トマトケチャップにロマンがあった時代。
味も、ラベルも文明開化のロマンが詰まっています。

____________________

<名称>

有機トマトケチャップ

<内容量>

300g

<賞味期限>

製品ラベル内に記載

<原材料>

有機トマト(米国産),有機砂糖,有機醸造酢,食塩,有機たまねぎ,有機香辛料

<お取り扱い上のご注意>

※直射日光を避け保存してください。
※開封後は、冷蔵庫に保存し、お早めにお召し上がりください。
販売価格 525円(税込)

---本日のイチオシ商品---

---カテゴリーから探す---

▶すべての商品から探す

>